2017年01月14日

枯れた花も役に立ちます。


色が褪せてしまったパンジー。
寒さのせいかいつまでも咲いているガーベラ。
そろそろ花を切ってしまうと次の生育が良いですよね。でも一生懸命に育っているのにかわいそう・・。
そんな時はノートに挟んでおくと、後で絵を描く時に役立ちます。
何故ならふんわりと咲いている花より、花のスジがよくわかるのです。
私は葉はこういう方法で保存してありますが、葉脈がよくわかりますよ。
絵は実物を見ながら描くのが一番良いのですが、こうしてペッタンコに押した花や葉も細部がわかり易くて参考になります。

私は押し花もよく作るのですが、押し花は花も葉も一番きれいな状態の時に押します。
ですからこれは廃物利用かしら。

DSCN4312blog.jpg





posted by のりこ at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178401612
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック