2016年03月30日

雪割草を葉書に

DSCN3489painting.jpg

色がくっきり、形も可愛いのでなんとか描きたいのですが、なにしろ小さいのですよね〜。
描くのはあきらめていましたが、葉書に描いてみようと思います。
スケッチブックを見ながら2色をそれぞれ描きはじめましたが、絵に仕上がるかどうか・・?
posted by のりこ at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

壊れたパレットも使いやすい(*_*;

DSCN3490paint.jpg


長年使っていたパレットが壊れてしまいました。
壊れたといっても、二つ折りの継ぎ目が割れてしまったのです。
パレットは何枚も持っているので、これは捨てればいいのですが、意外と使い易いのでですよね〜。
使う半分だけ置けますから、狭い机に好都合なのです。
そこで今や愛用パレットになっています。
なんでも長く大事に使う私ですが、壊れても尚使うのは単なるケチ?(笑)
posted by のりこ at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月24日

クリスマスローズの続き


DSCN3483blog.jpg


クリスマスローズが育ってきたので、先日の絵に描き加えています。
こうして数日たってから描くと使った色がわかりにくくなるので、色見本や使った色を記録しておいたのが役に立ちました。

先日のブーケをホームページにアップしましたので見て下さいませ。
http://www.hamakko.info/paint/2016/160229.html

posted by のりこ at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月20日

プリムラ、ムスカリ、水仙(2)


DSCN3421blog.jpg


先日の絵を塗り進めています。

アネモネは咲きはじめましたが時々寒くなったり降ったりしますので、まだ描くまでには育ちません。クリスマスローズも開花がちょっと中断です。
パンジーは紫系以外の育ちが悪くて窮屈そうに見えるので株を分けて植え替えたら、元気になりそうです。

暖冬から寒さに、気温の変化が激しいので植物も戸惑い気味ですね〜。
私もそれぞれの花を全体像で描くのはまだ先になりそうです。
この紙はクラシコ5ファブリアーノです。水張りしてあります。
posted by のりこ at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月19日

動植物の細密画


先日たまたま図書館で熊田千佳慕さんの画集を見たので借りてきました。
数年前に行った展覧会では、日本のファーブルと言われる熊田さんなので昆虫や虫の絵が多かったですが、植物の絵もありました。
ちょっと見ると怖いほどに精密に描かれた昆虫に圧倒されましたが、植物の絵も美しかったです。
今回は花だけの画集を借りましたが、細密ながら優しくて暖かい絵でした。
「虫や花の言葉がわかるようになりたい」という言葉に、熊田さんの優しい心がうかがわせられます。
98才で亡くなるまで、描き続けていらしたとか。

同じく横浜が生んだ画家に杉浦千里さんがいらっしゃいます。
エビやカニを精密に描かれた絵は、展覧会で目をくっつけるように見入ったのを覚えています。
残念ながら夭逝されましたけど、長生きして植物を描いて欲しかったな〜と時々思います。

伊坂幸太郎さんの小説でたまたま知ったオーデュボンさんは鳥の絵を沢山残された鳥類研究者ですが、植物も沢山描いていらしたのをネットで知りました。

どの方もきっと、動物植物のいのちの美しさと尊さに感動して、絵に残して下さったのですね。
posted by のりこ at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月15日

プリムラ、ムスカリ、水仙


DSCN3392blog.jpg


本格的に春が来ると終わってしまう早春の花。
今のうちに描いておこうと思って描きはじめました。

クリスマスローズやアネモネが咲きそろうのを待っている間に描き終えるかな。
posted by のりこ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月13日

描きはじめたクリスマスローズ


ヘレボラスオリエンタリス・・ヘレボア・・レンテンローズ・・などなど
いろいろな呼び名で呼ばれますが、一番一般的な呼び名はクリスマスローズでしょうか。
とにかくそれを、描きはじめました。花が開くと茎が伸びてゆくので、葉に囲まれたツボミのうちに描いてみようと思った訳です。

DSCN3362blogb.jpg


数日忙しくてそのままにしたら、花が開いていました。
開花して伸びた茎や大きな葉などを描き加える予定なので、描きかけのまましばらく休止。
小さな鉢でわずかな花を育てているので私はこういう事って結構ありますけど、私だけかしら?

DSCN3366blog.jpg
posted by のりこ at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月07日

雪割草

DSCN3328blog.jpg


DSCN3323blog.jpg


1週間ほど前のある日、かわいらしい雪割草が沢山咲いていたので、写真を撮ったりスケッチしたり、しばし楽しみました。
ところが寒くて鼻水タラタラ。
切り株に座って横後ろの花を見ながらスケッチしているうちに腰が痛くなり、残念ながら短時間で退散。
3年前に小さな野草をスケッチして立ち上がった時にひどいギックリ腰を経験したので用心深くなっています。
戸外で咲いている小さな花のスケッチは、キツイですね〜。
posted by のりこ at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月06日

英国王立植物園所蔵の美しい絵

「英国に集う花々」という展覧会に行ってきました。
世界遺産キュー王立植物園所蔵の植物の絵です。美しくて、素晴らしくて・・。
ネットでしか見た事がなくて憧れていた絵の原画をいくつも見る事が出来て感動しました。

絵具の色も少なかった時代、画材も現代のように多くなかった時代の筈です。そして、多くの作品は植物学者が描いたものなのに、科学的標本を超えて絵としてとても美しかったです。色も線も構図も。
英国の画家達はこんなに素晴らしい絵を身近で見られるので羨ましいと思いました。あんなにステキな絵をお描きになる原点かもしれませんね。
ブーケ(花を組み合わせて描いた絵)で大好きな作家の作品にも出会えました。
「あの絵の原画だ〜〜!」と声を出しそうになりました。
帰ってきて、描きかけの私のブーケを見たらガックリしました( 一一)。

posted by のりこ at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記